Works 私たちの仕事

TOP / Works

不動産開発の
仕事内容について

具体的な業務をイメージしづらい、
ディベロッパーの仕事。
ここではその仕事内容を少しでも
お伝えできるよう、
私たちの業務をかんたんに
ご紹介していければと思います。

1 開発物件の種類

私たちが展開する不動産事業を大きく分けると、「①日本郵政グループが所有する不動産の開発」「②グループ外からの不動産の取得」の2つに分類されます。都心部の駅前にある大規模な物件から、暮らしに身近な物件まで、総合ディベロッパーとして幅広い不動産開発を行っています。

建物の用途別でお伝えすると、オフィスビルや商業施設などを含む、大型の複合施設。その他、住宅(マンション)、ホテル、福祉施設(保育園・高齢者施設)、ロジスティック(物流施設)など、完成物件は様々です。今後も不動産開発を行う地域のニーズに応えるため、様々なプロジェクトに挑戦していきます。

2 業務内容の一例

1 不動産(用地・建物など)
の仕入れ

プロジェクトによって異なりますが、基本的に不動産開発は「物件(用地や建物など)の仕入れ」から始まります。その物件が持つポテンシャルを最大限に発揮するには、地域から求められることを理解するためのマーケティング調査や分析が欠かせません。私たちは日本全国に郵便局を構える日本郵政グループ。暮らしに根ざしてきたからこそわかる、まちの声を開発にも反映し、地域住民の皆さまに愛されるようなプランを考えます。

2 企画・開発

用地の仕入れ後は、周辺環境をさらに調査。その地域にとって、どのような開発をするのが一番よいのか? コンセプトを練りあげ、具体的な完成イメージまで落とし込んでいく作業を「企画」と呼びます。当社の場合は社外の設計士や建設会社と協力しながら、物件の建設工事から引き渡しまで、プロジェクト一連のマネジメントをしていきます。案件によっては、数年間におよぶ仕事。その分、大きなやりがいを感じていただけるはずです。

3 テナントリーシング

商業施設やオフィスビルにご入居いただくテナント様を募集する営業活動のことを「テナントリーシング」と言います。言わば不動産の中身をつくり上げる仕事。こんな施設にしたい、こんなテナント様に入居してほしい、そんな熱い想いをもって一件一件丁寧にリーシングを行っていき、より良い施設づくりを目指しています。

4 物件の運営・管理

私たちの仕事は、“地域に愛される場所”をつくること。建てて終わりではありません。開発後も、そのまちの価値が向上するように、テナントや地域住民の方々と良好な関係性を築きながら運営をしていきます。具体的には運営コストの見直しや空室のリーシング、設備修繕などを行います。それと並行して、ご入居者の満足度を上げる施策として、共用部のリニューアルや館内の季節ごとのイベント開催などを計画することも業務のひとつです。

5 不動産価値の向上

これからの不動産開発に求められるのは、ただモノをつくるのではなく、空間自体の価値を高めること。そこで注目されているのが、DXです。不動産開発とデジタルの融合を掲げる日本郵政不動産では、社内に「DX推進室」という部署を設け、各プロジェクトにおいてDXに注力中。たとえば、入館をスマホや顔認証に切り替える仕組みや、社員食堂の混雑状況が自動で通知されるシステムなど、より快適な空間づくりをめざし、様々なアイデアを探し続けています。