Career 教育制度とキャリアプラン

TOP / Career

あなたらしいキャリアを、
私たち日本郵政不動産と
一緒に
切り拓いていきましょう。

私たちは、日本郵政グループの新たな収益の柱への成長を期待され、2018年に誕生した総合ディベロッパー。
さまざまな不動産事業を手掛ける当社で、幅広い業務経験を通して、ご自身のめざすキャリアを築きあげていきましょう。

1 人材育成について

まずは内定者教育からスタート。
入社後はキャリアステップに応じて、各種研修を実施予定です。

内定者教育
社会人としての心構えや不動産に関する基礎知識を学びます。
新入社員研修
ビジネスマナー、不動産業界知識、社内ルール等を約1か月間で学んでもらう予定です。また、この期間にぜひ同期の皆さんと絆を深めてください。
新入社員OJT
配属部署の先輩が、みなさんに不動産の基礎から教えていきます。当社には経験豊富な社員がたくさんいます。ぜひ、日常業務の中から、先輩たちの考え方を学んでいきましょう。
フォローアップ研修
OJTが終了後も、定期的にフォローアップ研修を実施します。先輩と一緒に仕事を進めてきたうえで学んだことを振り返り、今後にむけた課題設定、目指したい将来像などを明確にしていきます。
各種階層別研修
ひとり立ちして仕事を進めていけるようになった後にも、成長度合いに応じた各種研修をご用意。現場のリーダーとなり、メンバーを先導していけるように、マネジメント研修なども行っていきます。
資格取得支援
その他にも、みなさんが継続的に専門性を高めていけるようにサポートします。例えば、不動産関連の資格取得補助、宅地建物取引士のWEB講座受講などもそのひとつ。今後もいろいろな研修制度を導入していけるよう計画しています。

2 キャリアプランについて

ジョブローテーション

日本郵政不動産には多くの部署があり、所属先によって身につくスキルもさまざまです。みなさんには不動産事業に関する幅広い知識を学んでいただくために、3~4年程でジョブローテーションを実施する予定です。およそ10年で3部署ほどを経験することで、ディベロッパーとしての業務を総合的に経験していただきます。
以降のキャリアについては、ご自身がめざす将来像も踏まえながら設計していきましょう。マネジメント力を磨いたり、より専門性を深めたりすることで、将来の幹部社員候補となることを期待しています。
また、キャリアに関する社員申告制度もあります。ぜひ現場でいろいろな経験を積みながら、あなたに最適なキャリアを築きあげてください。

3 キャリアに関するFAQ

若いうちからでも活躍できますか?
はい、もちろんです。キャリアの年次に関係なく、適応能力の高い方や熱意のある方には積極的にご活躍いただけるチャンスをつくっていきたいと考えています。私たち日本郵政不動産も、まだこれから大きな成長をめざす若い会社です。これから入社していただくフレッシュな皆さんには、「自分たちが日本郵政不動産の歴史をつくっていくんだ!」という気概を持って働いていただきたいと思っています。
全国転勤や海外赴任などはありますか?
将来的に転勤の可能性はあります。ただし、現在オフィスは東京本社のみですので、当面はございません。また、日本全国で開発プロジェクトを行っているため、案件の内容によって現地への出張などが発生することはございます。その頻度は、開発工程の進捗状況により異なります。
いろいろな地域のまちづくりに携わる度に、今までに自身が知らなかった新しい魅力と出会えることも、この仕事の大きなやりがいの一つではないでしょうか。
日本郵政不動産で働く魅力とはなんでしょう?
上記の「キャリアプラン」のところでも挙げているように、開発案件の幅広さというのは特徴の一つかと思います。住宅から福祉施設、駅前の超大型物件の開発まで、さまざまなプロジェクトを通じて、まちづくりに参画できます。また、弊社は少数精鋭でプロジェクトチームを組みますので、総合ディベロッパーとしての仕事を、企画段階から開発後の運用まで一貫して知ることができるのも魅力かもしれません。
入社から10年ほどの間に3部署前後で経験を積んでいただき、まずは多角的に“不動産(総合ディベロッパー)という仕事”の視野を養ってください。その経験の中で、自らの適性や強みを見つけ出し、その後は専門分野をさらに掘り下げるなど、リーダーシップを伸ばしながらキャリアアップをしていただきたいと考えています。