ページの先頭です。

ページ内移動用のリンクです。
ヘッダーメニューへ移動します。
本文へ移動します。
フッターメニューへ移動します。
サイトマップ

ヘッダーメニューはここまでです。

ここから本文です。

JPタワー

建物概要

日本郵政グループの不動産事業を代表する「JPタワー」は、「東京」駅に地下通路で直結する高い利便性、丸の内地区の歴史的景観への貢献、情報・文化の発信、および環境・防災への配慮などを特徴とする複合ビルです。

建物高層部は、ガラスカーテンウォールの外観を持つオフィス棟で、1フロア3,000平方メートル超と丸の内エリア有数のゆとりと、高い快適性と環境性能を有した高品質な執務空間を提供しています。

建物低層部は旧東京中央郵便局舎を一部保存し、「東京」駅前地区の風格ある歴史的景観を継承しながら、賑わいのある魅力的な都市空間の形成に貢献。内部には、魅力ある商業施設のほか、国際カンファレンスセンター「JPタワーホール&カンファレンス」、国際ビジネス・観光情報センター「東京シティアイ」およびJPタワー学術文化総合ミュージアム「インターメディアテク」が配置され、多彩な都市情報・文化の拠点となっています。

所在地 東京都千代田区丸の内二丁目7番2号(アクセス
敷地面積 約11,600平方メートル
延床面積 約212,000平方メートル
高さ 約200メートル
構造 鉄骨造・一部鉄骨鉄筋コンクリート造
規模 地上38階、地下4階、塔屋3階
用途 オフィス、商業施設、郵便局、カンファレンス、駐車場 等
竣工 2012年5月31日
事業主 日本郵便株式会社
東日本旅客鉄道株式会社
三菱地所株式会社
設計監理 株式会社三菱地所設計
施工 大成建設株式会社

施設紹介

オフィス

高層部に位置し、1フロア3,000平方メートル超と丸の内エリア有数のゆとりと、高品質な執務空間を提供しています。
(写真は1階のオフィスエントランス)

商業施設「KITTE」

地下1階から地上6階まで7つのフロアに位置し、日本のモノづくりへのこだわりと日本ならではの美意識を感じさせる物販店舗、地域で愛される老舗や話題の飲食店舗など、心地よさ・奥深さ・愉しさを伝えるショップ&レストランを揃えました。

東京中央郵便局

歴史的景観を継承するために一部保存した旧東京中央郵便局舎の窓口部分にゆうちょ銀行本店とともに配置。外観は「東京駅丸の内駅舎」とともに首都東京の顔を形成しています。

JPタワー学術文化総合ミュージアム
「インターメディアテク」

2階・3階に位置し、東京大学総合研究博物館と日本郵便が協働で運営を行う公共貢献施設です。学術の普及と教育を通じ、社会へ貢献することをその使命としています。

国際ビジネス・観光情報センター
「東京シティアイ」

地下1階に位置し、東京を訪れる国内外の方々へ交通・食・宿泊・イベント・エンターテインメント・ビジネス等幅広いジャンルの情報提供から各種手配まで、ワンストップで提供します。

国際カンファレンスセンター
「JPタワー ホール&カンファレンス」

「東京」駅前の立地でアクセス抜群のホールです。国際会議場として、またセミナー、展示会、イベントなど、様々な用途でご利用いただけます。

アクセス

JR

  • 「東京」駅 徒歩約1分
  • 「有楽町」駅 徒歩約6分

東京メトロ

  • 丸ノ内線「東京」駅 地下道より直結
  • 千代田線「二重橋前〈丸の内〉」駅 徒歩約2分
  • 有楽町線「有楽町」駅 徒歩約6分

都営地下鉄

  • 三田線「大手町」駅 徒歩約4分

受賞歴

JPタワー・KITTE

【2011】

  • 東京の低炭素ビルTOP30

【2014】

  • 第4回省エネ・照明デザインアワード(平成25年度) <公共施設・総合施設部門 優秀事例>
  • 第16回テナントが選ぶディベロッパー大賞 <新人賞>
  • 第18回CSデザイン賞 <一般部門優秀賞>
  • 第24回BELCA賞 <ベストリフォーム部門>

【2015】

  • 第17回テナントが選ぶディベロッパー大賞 <コンセプト賞>
  • 第56回BCS賞

【2016】

  • 第18回テナントが選ぶディベロッパー大賞 <コンセプト賞>
  • 第55回JAA広告賞 Web広告部門<グランプリ>

【2017】

  • トップレベル事業所
  • ADFEST2017 <FILM CRAFT部門 BRONZE>
  • ADFEST2017 <DESIGN部門 FINALIST>
  • 第56回JAA広告賞 屋外・交通広告部門 <メダリスト>

【2018】

  • 日本夜景遺産 <施設型夜景遺産>

JPタワー・インターメディアテク(IMT)

【2013】

  • JCDデザインアワード2013 <金賞/審査員賞「浅子佳英賞」>
  • DSA 空間デザイン賞 2013 <大賞/日本経済新聞社賞>
  • 第32回ディスプレイ産業賞(2013) <ディスプレイ産業奨励賞>
  • 2013年度 グッドデザイン賞 <グッドデザイン賞>
  • 2013年度 アジアデザイン賞 <DFA銅賞>

サステナビリティの取り組み事例

屋上緑化

KITTE6階屋上部分を緑ある屋上庭園「KITTEガーデン」として整備し、ヒートアイランド現象の軽減や都市緑化に貢献するとともに一般に公開しています。

学術・文化の普及・教育

KITTE2階・3階では、学術・文化の普及・教育を目的として東京大学総合研究博物館と日本郵便が協働でJPタワー学術文化総合ミュージアム「インターメディアテク」を運営しています。東京大学が所蔵する骨格標本や研究資料を展示しているほか、小・中学生を対象とした体験学習「アカデミック・アドベンチャー」なども実施しています。

手紙振興

KITTE4階旧東京中央郵便局長室では、気軽に手紙に親しんでいただくことを目的として、「レタールーム」という「手紙を書きたくなる空間」を設置し、体験型のイベントなどを実施しています。また、1階アトリウムでも同様にイベントを実施しています。

非常時退避施設

大規模災害発生時の帰宅困難者等の受け入れを想定したスペースとして、アトリウムや地下広場等の活用が計画されています。災害発生時にはアトリウムのビジョンにおいて、緊急災害放送を配信することにより、帰宅困難者等に災害情報等を伝えることとしています。

防災備蓄

大規模災害の発生に備え、防災備蓄品を準備しています。水や食料に加え、簡易トイレ等の準備もあり、発災時には周辺施設と連携して対応を行う計画です。

本文はここまでです。

ページの終わりです。