ページの先頭です。

ページ内移動用のリンクです。
ヘッダーメニューへ移動します。
本文へ移動します。
フッターメニューへ移動します。

進化するぬくもり。

サイトマップ

ヘッダーメニューはここまでです。

ここから本文です。

JPタワー名古屋

建物概要

「JPタワー名古屋」は中部圏で有数の規模を誇る複合ビルです。
2010年12月に都市再生特別地区としての都市計画決定を受け、名駅エリアの機能更新(賑わいネットワーク形成、交通結節点としてのターミナル機能強化等)における重要プロジェクトとして、2015年11月に竣工しました。

オフィス棟と駐車場棟の2棟で構成され、オフィス棟の5階から39階には高品位・高機能を追求したオフィスフロアを配置。低層部分には商業施設「KITTE名古屋」や、郵便局、ゆうちょ銀行、ホール&カンファレンスを設置。1階から3階に3層吹抜けのアトリウムを設けて、イベント開催等により情報発信を行っています。

また、並木の続く歩行者空間の整備や、駐車場棟における緑化などにより、街に緑溢れる空間を創出。JR「名古屋」駅までオフィスエントランスのある2階の屋内通路で直結し、さらに地下通路で名鉄、近鉄、市営地下鉄各線へも接続するなど、利便性の高いアクセスを実現しています。

所在地 愛知県名古屋市中村区名駅一丁目1番1号(アクセス
敷地面積 約12,000平方メートル
延床面積 約181,000平方メートル
高さ 約195メートル
構造 鉄骨造・一部鉄骨鉄筋コンクリート造・制振構造
規模 地上40階、地下3階
用途 オフィス、商業施設、郵便局、カンファレンス、駐車場 等
竣工 2015年11月11日
事業主 日本郵便株式会社
名工建設株式会社
設計監理 株式会社日本設計
施工 株式会社日本設計

施設紹介

オフィス

高層部にワンフロア約700坪のオフィスフロアを配置。最小貸付区画は約39坪とし、小規模オフィスにも対応可能です。フレキシブルに多様なニーズに応える整形・無柱空間です。

商業施設「KITTE名古屋」

地下1階から3階に位置する商業施設「KITTE名古屋」は、「なごやらしさと、あたらしさを。」を施設コンセプトに、新しい時代の「名古屋らしさ」を発信しています。

国際カンファレンスセンター
「JPタワー名古屋 ホール&カンファレンス」

3階に位置し、JR「名古屋」駅に直結したアクセス抜群の立地を誇る多目的ホールです。会議やセミナーはもちろん、イベントやパーティーなどあらゆるシーンでご活用いただけます。

アクセス

JR

  • 「名古屋」駅 屋内通路で直結

名鉄・近鉄・市営地下鉄

  • 「名古屋」駅 地下通路より直結

受賞歴

JPタワー名古屋・KITTE名古屋

【2016】

  • 日本建築学会賞 <技術>
  • 北米照明学会 illumination award illuminating engineering society of North America Award of merit
  • 日本たばこ産業株式会社 SMOKERS' STYLE COMPETITION 2016 <作品部門 優秀賞>
  • 一般社団法人 新都市ハウジング協会 CFT構造賞

【2017】

  • 愛知県 第24回愛知まちなみ建築賞
  • 一般社団法人照明学会 平成28年照明普及賞
  • 中部建築賞<特別賞>

【2018】

  • BCS賞 <特別賞>

【2019】

  • なごやグッドグリーン賞 <入賞>

サステナビリティの取り組み事例

壁面緑化

日射の遮蔽による室内冷房効率アップとCO2削減や猛暑における気温上昇の緩和、ヒートアイランド現象の軽減を期待し、低層棟の壁面の一部にグリーンカーテンウォールを設置しています。

自然エネルギーの利用

太陽光発電、風力発電、雨水利用など、自然エネルギーの利用によって建物自体の環境性能を高めています。

非常時退避施設

大規模災害発生時の帰宅困難者等の受け入れを想定したスペースとして、アトリウム等の活用が計画されています。災害発生時にはアトリウムのビジョンにおいて、緊急災害放送を配信することにより、帰宅困難者等に災害情報等を伝えることとしています。

防災備蓄

大規模災害の発生に備え、防災備蓄品を準備しています。水や食料に加え、簡易トイレ等の準備もあり、発災時には周辺施設と連携して対応を行う計画です。

耐震性能の確保

南海トラフ地震を想定し、地震の揺れを軽減する粘性体制振壁や鋼材ダンパー等の制振装置を各階に設置した制振構造を採用し、高い耐震性能を確保しています。制振部材には、従来の低降伏点鋼の約10倍の疲労耐久性を有するFe-Mn-Si系制振用合金を用いた制振ダンパーを採用しました。

本文はここまでです。

ページの終わりです。